« CB750Four K-1 のエンジンオーバーホール (4) その3 | トップページ | 一般整備をしていました »

2018年8月11日 (土)

CB750Four K-1 のエンジンオーバーホール (4) その4

朝はちょっと強い雨が降った新潟県地方。これで少しは涼しくなるのかなと思っていたら、降り足りないのか湿度が高くなってなおさら汗が噴き出る中で仕事していました。 いい加減にもうちょっと涼しくならないのかなぁ・・・・・。

さてと、シリンダーヘッドからバルブを外して状態を確認してみました。

054

バルブを外して見れば一目瞭然。全てのバルブが密着不良となっていました。

055

056

こんな燃焼室じゃパワーなんて出るはずもありません。吸入側に吹き返した燃焼ガスによって大幅にパワーダウンしますからね。バルブガイドは交換しなければダメですね。

057

取り外したバルブです。状態は悪くないみたい。でも、ステム径の計測をやらないと。

058

059

インレット、エキゾーストのいずれのバルブも使用限度以内でした。と言うよりさほどの減りもない状態。これならバルブは再利用できますね。

060

しっかり洗浄して内燃機屋さんに送ります。フェイスカット、摺り合わせをしてもらうんですね。摺り合わせだけでも・・・・・と言いがちですが、ここはやはりキチンとセオリー通りフェイスカット、シートカット、摺り合わせの加工をやらないと。この3点セットの加工はエンジンの性能に大きく影響しますからとても重要なんですよ。

061

続いてシリンダーヘッドの洗浄を行います。とても大変な作業なんですが、汚いまま内燃機屋さんに送る訳にいきませんからね。燃焼室、ポート内部、外側と全てを洗います。外側の汚れは落とす切る事が出来ないので脱脂した後にサンドブラスト処理となります。

062

ここまで綺麗にしましたよ。この後からマスキングしてサンドブラスターにかけます。

063

もちろんシリンダーもサンドブラスト処理します。

さてと、ここまで作業は進みました。これらの部品を内燃機屋さんに送ったら腰下から組み立てを開始します。

お盆休業ですが、13日の午後から14日までお休みとなります。それ以外はお仕事しています。 どれ、本日もお仕事開始でーす(o^-^o)

« CB750Four K-1 のエンジンオーバーホール (4) その3 | トップページ | 一般整備をしていました »

CB750Four K-1のエンジンオーバーホール(4)__」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/603814/67043640

この記事へのトラックバック一覧です: CB750Four K-1 のエンジンオーバーホール (4) その4:

« CB750Four K-1 のエンジンオーバーホール (4) その3 | トップページ | 一般整備をしていました »

カテゴリー

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ