« 穴あきマフラーの修理 | トップページ | CB750Fのエンジン修理(1) その3 »

2018年7月 9日 (月)

モンキーのフルレストアお手伝い その1

今まで経験したことの無い豪雨に見舞われた西日本。世界各地のニュースでこの大災害が報じられています。バイクつながりで友達になったフィリピンやフランスなどからも心配するメールが私の元に届いています。

大変なのは良く解りますが、御安全に、そして頑張って下さいとしか言えない自分が辛いです。復興にはまだ多くの時間を費やさねばならないと思いますが、いつの日か笑顔が戻る時は必ず来ますから。

さて、新潟は雨は降るもののさほども強くなく、昨日なんか10時ぐらいから晴天になりました。今週の予報は太陽が戻ってきて暑くなる日が続くとか。

そんな中、「高校生時代から持っているモンキーのフルレストアをやりたいんだけど、手伝ってくれない?」というご相談が来ました。自分で出来ない部分の分解や組み立て、再メッキなどなんですが、楽しそうなので引き受けちゃいました。

001

タイヤがホイールから外れないとか、ハンドルの固定ボルトが緩まないとか、フロントフォークが分解できない、エンジンもオーバーホールしたいし・・・・・等々。こう言うミニ4って楽しいですよね。

とりあえずメッキしたいパーツを外して梱包することにしました。

03

02

01

こんな感じに写真を撮ってパーツに同梱して送ります。一つ一つのパーツだって傷つかないようにして緩衝材で包んでの梱包ですから大変なんですよ。オーナーと共同作業でやりました(o^-^o)

メッキ加工から帰ってきたらエンジンの組み立てでも始めましょう。エンジンはトルク重視の改良をしようかと考えています。88ccだと熱的に苦しくなりますからね。乗って楽しい仕上がりにしてあげようかと思います。

全体の仕上げはオーナーがやることになっています。私はお手伝いするだけ。でも、そう言う作業も楽しいですよね(o^-^o)

さてと、本日は長らくお待たせしているCB750Fのエンジン修理を開始しましょう。まずはクランクケースをサンドブラストで下処理しないと。

本日もお仕事頑張りましょう(o^-^o)

« 穴あきマフラーの修理 | トップページ | CB750Fのエンジン修理(1) その3 »

モンキーのフルレストアお手伝い」カテゴリの記事

コメント

遠心クラッチのままボアアップすると、過激なモンキーになってしまいますよ〜。ピョンピョン跳ねますから。
それもまた面白いですが。

おおくぼさんコメントありがとうございます。この4 Lモンキーに搭載されているエンジンは、おおくぼさんから譲り受けたモノですよ😊 このエンジンをベースに遠心クラッチ仕様のままライトボアアップキットを組み込んでもらいます。エンジン、キャブレター、スプロケットなどのセッティングは片桐さんにお任かな。どんなモンキーに仕上がるか楽しみです。

おおくぼ さん、ドヤさん、コメントありがとうございました。

エンジンのパワーだけ上げると仰せの通りにフロントが飛び跳ねてしまうので、二次減速比を調節して暴れないようにしたいと考えています。加速をよくするようなバイクじゃないですからね(o^-^o)

また、思い出のあるモンキーですから、オーナーのご希望に添えられる仕上がりにしたいと思っています。ドヤさんから喜んで頂けるようなセッティングにしたいと思います(o^-^o)

片桐さんのノーティのせいですね、みんなに4ストミニの火が着いたのは。
それとも寄る年波のせい?

おおくぼさん、コメントありがとうございました。

私のせいですか?そんなぁ~。私がノーティーをレストアする前から新潟CB会のメンバーにダックスが蔓延していましたよ(o^-^o) ただ、フルレストア車が無かったので、フルレストアのスペシャルバージョンを作ってみようと、ついつい熱が入っちゃったんです(o^-^o)

ミニバイクは大型には無い独特な魅力がありますよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/603814/66920239

この記事へのトラックバック一覧です: モンキーのフルレストアお手伝い その1:

« 穴あきマフラーの修理 | トップページ | CB750Fのエンジン修理(1) その3 »

カテゴリー

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ