« CB750Four K-1の車検整備 その3 | トップページ | ノーティーダックスのフルレストア その6 »

2018年5月15日 (火)

CB750Four K-1の車検整備 その4

「ここまで整備が必要とは思わなかった。」それが今回のクライアントですね。とにかく酷い。ここまで整備が行き届いていないCBを初めて見ました。これで良く車検が通っていたものです。とくとご覧下さい。

036_2

フロントブレーキを分解してパッドの状態を確認したら、パッド全域にブレーキオイルが染み込んでいました。本来なら交換なんですが、とにかく脱脂してみようと昨日から脱脂剤に浸け置きしておいたら・・・・・・

037

なんとか脱脂に成功しました。これで安心して使えますね。CBのパッドはセットで1万円もしますから無駄には出来ないんですよ。

038

動きの悪いキャリパーを疑って分解してみました。そしてら案の定。そう、ピストンにおびただしいサビがありました。これじゃブレーキオイルも漏れますよね。

039

これぐらい錆びていたのを前回の車検で解らなかったのかなぁ。こんなサビは2年ぐらいじゃ出てきません。おそらく4年以上前から錆びていたと思います。ブレーキの引きずりの原因の一つです。皆さんのは大丈夫ですか?

040

ちょっとお高いんですが、純正のピストンに交換します。もちろんピストンシールも交換します。ピストンが指1本で押し戻せなかったら、分解整備が必要だと思った方が良いですよ。

041

と言う事で、新しいピントンを組み込みます。ピストンシール溝はもちろん念入りにクリーニングしておきます。組み付けにはシリコーングリースを使います。

042

こんな感じに収まりました。もちろん指1本でピストンは押し込まれるほどスムーズなんですよ。

043

脱脂したパッドを取り付けます。これで大丈夫ですね。

044

マスターシリンダーは分解した形跡があり、オイル漏れもしていませんでしたのでそのまま使うことにします。でも、ダイヤフラムがこんなに痛んでいました。

045

これじゃもうダメですね。新品に交換します。ここまで痛むとオイル漏れの原因となりますからね。ダイヤフラムの組み込みの際はシリコーンルーブを使います。知りませんでしたか?そうすることでカップからのオイル漏れは無くなりますよ。でも、何処に使うかを考えてください。それが一番重要点なんです(o^-^o)

046

これでようやくブレーキ整備が終わりました。もちろんパッドの当たり調整もします。

さてと、続いてはフロントホイールベアリングの点検なんですが、ここでお時間となりました。
そうなんです。これから出張なんです。それでこんな時間に更新したという訳なんです。
帰国は今月末ですから楽しみにしていて下さい。現地から楽しい話題もご紹介できたらなって思います。

では、フィリピンにお仕事に行ってきまーす(o^-^o)

« CB750Four K-1の車検整備 その3 | トップページ | ノーティーダックスのフルレストア その6 »

一般整備・車検整備」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/603814/66723801

この記事へのトラックバック一覧です: CB750Four K-1の車検整備 その4:

« CB750Four K-1の車検整備 その3 | トップページ | ノーティーダックスのフルレストア その6 »

カテゴリー

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

ウェブページ